広瀬病院職員紹介

ブランクがあっても、子育てしながらでも安心して働ける
サポートが充実した病院です。

写真

子育て中のママへの支援が充実

大学病院での勤務後、子育てによる休職期間を経て広瀬病院に入職しました。

広瀬病院を選んだ理由は、自宅から近かったこともありますが、子育て支援に取り組む事業者の認証制度「かながわ子育て応援団」を取得しており、看護師と育児を両立しやすい環境があると思って決めました。

実際に入職すると、ママさんナースも多く、病院のフォロー体制もしっかりしており、働きやすい環境に満足しています。子供の学校行事などの予定に合わせたシフト調整や、子どもの急な病気などの突発的な早退や欠勤に対して、メンバー全員で協力してフォローすることが当たり前になっています。

これまでの経験上、子供のことで急に欠勤すると職場の雰囲気が悪くなることもありましたが、広瀬病院では感じたことがなく、働くママとして、とてもありがたい環境です。

  • 写真
  • 写真

「在宅診療部」の看護師として
働くということ

前職の大学病院では一般病棟や外来の配属でしたが、「ちょっと楽しそうだな」という軽い気持ちで、広瀬病院では在宅診療部門を希望し、配属されました。

配属当初は地域患者支援センターの人員が少なく、慌ただしい日々で、楽しいなどと感じる暇もなく大変だったことを思い出します。看護師としても、在宅の経験も浅い私にとって、病院では見られない患者さんの自宅での姿はとても新鮮で、新たな気づきがたくさんありました。その中で、患者さんにうまく説明できなかったり、判断が正確にできなかったり、医師とうまく連携できなかったり、さまざまな悔しい思いもしました。しかし、院長先生の在宅診療にかける情熱を身近に感じ、医師や先輩のサポートもとでこうした経験を積み重ねることができ、現在では看護師として一回りも二回りも成長できたと実感しています。

この地域はご高齢の方が多く、独居の方や老老介護の方も多いので、在宅診療がとても重要な地域です。広瀬病院は「24時間あなたのかかりつけ医」を掲げ、地域の在宅医療の中心的役割を目指しています。在宅診療は、患者さんの生活全体を見て設計してあげられるようなかかわりが出来るところが在宅の魅力だと思います。看護の原点が体感出来るような部署ですので、在宅診療に興味がある方は是非チャレンジしてみてください。

写真

看護しての成長も支える、
アットホームな職場

写真

私自身、子育ての休職期間があったため、そのブランクには不安がありました。実際、看護師の処置方法のトレンドや常識が変化しているなど、ブランクを感じる場面が多々ありました。しかし、先輩のフォローや、病院が開催する新卒・中途向けの勉強会などによって、ブランクを埋めた上にスキルアップを図ることができました。広瀬病院では院外研修についても、必要な研修があれば交通費を含む費用負担をしてくれ、意欲さえあればさらなる成長をサポートしてくれる環境があります。

地域患者支援センターのアットホームな雰囲気も大きな魅力です。センター長がお母さんで、主任や先輩がお姉さん、そして妹がいるような。メンバーをとても身近に感じることができ、もし何か問題が起きたとしても相談しやすく、全員で親身に向き合ってくれるので、とても助かっています。

看護師としての経験の多少によらず、新しいことにチャレンジし、スキルアップできる環境が整っていると実感しています。子育てを両立させながら、看護師としても成長したいと思っている方には最適な環境ではないでしょうか。

写真
大学病院での勤務後、子育てによる休職期間を経て、広瀬病院に入職。
入職後産休を取得し、現在在宅部門の看護師として活躍するママさんナース

職員インタビュー

INTERVIEW
  • Vol.1
  • Vol.2
  • Vol.3
  • Vol.4